これを理解すれば失敗なし!カタログギフトのメリット、デメリット!


カタログギフトのメリット

カタログギフトの一番の魅力は、もらった人が好きな時に好きなものを自由に選ぶことができるということです。好みに合わない、使わないなど相手を困らせる心配がありません。また、ラインナップが豊富なカタログギフトを贈れば、年齢、性別、家族構成などを気にしなくて良いのです。家族で同じカタログギフトを複数もらっても、それぞれが好きなものを選べます。逆に一人だけカタログギフトをもらってきた場合は、家族と一緒に相談しながら欲しいものを選ぶこともできるかもしれませんね。

カタログギフトのデメリット

カタログギフトは相手が自分で商品を選ぶことになるので、気持ちがこもってないと思われてしまうかもしれません。価格帯や種類によっては、欲しいものがないということもあるので、カタログギフトを贈って全ての人を満足させることは難しいと思っておいた方が良いでしょう。また、もらった人が自分で注文するので、面倒だと感じさせてしまったり、やり方がわからないという人もいるので気を付けなくてはいけません。

カタログギフトの選び方

品物を贈るときと同様でカタログギフトも相手の好みをある程度リサーチする必要があります。例えば、食べることが好きな人にはグルメが中心のカタログギフト、インテリア雑貨が好きな人には少しハイセンスな商品が揃ったカタログギフトを贈ると喜ばれるかもしれませんよ。どうしても相手の好みがわからない場合は、グルメ、雑貨、旅行、体験型などあらゆるジャンルを網羅したカタログギフトを贈ると良いのではないでしょうか。相手がどのカタログギフトを贈ったら喜んでくれるのか、贈るあなた自身がワクワクした気持ちで選べたら一番良いですね。

カタログギフトは、相手の好きなものを選んでもらえるため、何が好きか分からない相手に送るのに向いているギフトと言えるでしょう。